トップページ > 東京支部だより

東京支部だより

東京支部は東京都および近隣の神奈川県・千葉・埼玉県などに在住する中・高の卒業生、約2,000人を会員とし、役員と学年委員(各学年1〜3名)を定めて活動しています。この東京支部だよりでは、東京支部からのお知らせなど、定期的に内容を更新していきますので、お楽しみに!

現在、若い方の登録や参加が少ないので、ぜひ若い方々に加わっていただきたいと考えております。お子様連れでも参加できるよう工夫していきたいと思いますので、お気軽にご参加ください。
※ 写真をクリックすると拡大表示できます。

TOPページ 前ページ 次ページ

2017/09/23   9月・10月 ハレルヤの会の練習日

習っているフラワーアレンジメントもすっかり秋の色です。

間近のお知らせになってりまいましたが、ハレルヤの会の練習日です。芸術の秋、唄いましょう♪

日時:2017年9月25日(月)13時〜
10月3日(火)13時〜
      10月17日(火)13時〜
          
場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2017/09/04   朗読公演のお知らせ

「人間はね、一人一人に与えられた道があるんですよ。」
三浦綾子自伝『道ありき』の朗読公演会のお知らせです。
ナレーターの中村啓子さんから指導を受けている、英和の同窓生であり、元先生・放送部顧問であった丹澤真理子さんが出演します。


日時:9月30日(土)10時30分〜12時(開場10時)
主催:三浦綾子読書会 構成:森下辰衛
会場:日本基督教団吉祥寺教会
   〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-14-19
   http://www.kichijojichurch.jp/index.html
電話番号:0422-22-4978
お問い合わせ:044-987-1722(飯塚様)


出演:三浦綾子読書会朗読部門
   バイオリン 渡辺康子

*JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅下車徒歩10分
*教会には駐車場はありません。車の場合は近所の有料駐車場をご利用お願いします。


2017/09/04   ピアノリサイタルのお知らせ

一気に秋めいて参りました。毎年、この時期に開催されている同窓生の鶴田留美子さんのピアノリサイタルのお知らせです。芸術の秋を先取りして、お誘いあわせの上、お出かけ下さいませ。

日時:2017年9月9日(土)サントリーホール(ブルーローズ)
   18時開演(17時30分開場)

曲目:ドビュッシー アラベスク 第1・2番
          前奏曲集 第1巻 亜麻色の髪の乙女
                   とだえたセレナード
              第2巻 風変わりなラヴィーヌ将軍
   リスト 巡礼の年第二年補道『ヴェネチアとナポリ』S.162
ゴンドラを漕ぐ女 カンツォーネ タランテラ
   ショパン ワルツ 第9番変イ長調 作品69-1「別れ」
            第10番ロ短調 作品69-2
            第5番変イ長調  作品42
        バラード 第3番 変イ長調  作品47
        ノクターン 第20番 変ハ短調 遺作
              第8番 変ニ長調 作品27-2
        ポロネーズ 変イ長調 作品53「英雄」 

全席自由4,000円 学生3,000円

お問い合わせ先:ムジカ・コミュニタス 042-468-7578



2017/08/11   ハレルヤの会 8月9月練習日のお知らせ

先週末、甲府に帰りました。驚異的な暑さでした。
豪雨や酷暑、日々の寒暖の差、自然は厳しいです。

さて、8月の練習は一回だけです。9月は会場の都合がつけばもう一回、増えます。当ホームページで連絡も致しますのでご確認下さい。


日時:2017年8月21日(月)13時〜
9月5日(火)13時〜
          
場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2017/08/11   神様からの贈り物

山梨英和同窓生には様々な方面で活躍されている方がたくさんいます。その原動力や能力も神様からの贈り物だと思います。皆様の活動や活躍を紹介していきたいと思います。

昭和32年卒の樋川美奈子さんの書です。

愛と信念の人
郷土に尽くした曾祖父
小野要三郎 

樋川美奈子著(S32年卒)

明治の初め、甲州の果樹栽培が始まりました。今日、「果樹王国」とまで言われる山梨で、その礎となったのが小野要三郎であったことは、あまり知られていません。
中巨摩郡西野村(現南アルプス市西野)は、甲府盆地の西方にあります。ここに未開の土地を買い求め、果樹栽培の事業に生涯をささげた小野要三郎がいました。筆者の曾祖父にあたります。
美奈子さんも、子どものころ、真っ赤に実る大粒のジャボレー、ナポレオン、朝霧、高砂などと立派な名前のついたさくらんぼを、一家で木箱に詰めている光景をよく憶えているそうです。
三世代にわたり、戦前・戦中・戦後を通り抜けた桜桃の園。その苦難の歴史を、自家の歴史とともに掘り起こした冊子(非売品)が、2017年4月、自費出版の形で世に出ました。
樋川美奈子さんは山梨英和中高の第13代校長(日本人初)雨宮敬作の孫にあたります。敬作の娘・なよさんが小野泰捷(第三代)に嫁ぎ、昭和14年に美奈子さんが誕生しました。昭和26年に山梨英和に入学しています。

2017/08/11   神様からの贈り物 

山梨英和同窓生には様々な方面で活躍されている方がたくさんいます。その原動力や能力も神様からの贈り物だと思います。皆様の活動や活躍を紹介していきたいと思います。

今回は昭和19年卒の稲葉玲子さんの出版された書についてご紹介いたします。

現在の山梨英和中高同窓会東京支部の基礎を作られた、いわば「産みの親」の稲葉玲子さん(S19年卒)が、2017年6月1日に、歌集『しのび草 V』を自費出版されました。
第二集の出版からは10年ぶり。90歳を迎える節目の記念だと言われます。
前の号との違いは、短歌のほかに、「思い出すままに」一、二、三として、「旧き良き時代」「教師時代」「結婚生活」のエッセイ、「守山ふみか先生を訪ねて(平成24年6月25日)」や、「内藤正隆先生の言葉、無条件の感謝」といった、懐かしい方との交遊録などがいっぱい入っている点です。
「日々、聖書(文語体)を読み、笑顔を忘れず、身だしなみに気をつけ、病の床にある人にはひたすら手紙を書き、同窓生や教え子と友人のように付き合って毎日が楽しい。とくに、東京支部で続けている月2回のハレルヤコーラスの仲間からは、素晴らしいパワーをいただいている」と書かれています。
最近詠んだ短歌を一首。
同窓会 先輩後輩教え子と しみじみとシミジミと校歌を歌う(平成28年5月14日)

2017/07/03   7月ハレルヤの会 練習日のお知らせ

あめ、雨、ふれ、降れ、かあさんが♪
じゃのめで おむかい うれしいな♪
ピッチピッチ チャップチャップ♪
ランランラン♪

憂鬱になりがちな梅雨時ですが、ランランラン♪と四季を楽しみたいものです。

間近のお知らせで恐縮ですが、今月のハレルヤの会の練習日のお知らせです。

日時:2017年7月4日(火)13時〜
      7月24日(月)13時〜
          
場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2017/07/02   山梨英和同窓会東京支部総会及び親睦会報告

本年も高井戸教会のご厚意によりまして場所をお借りし、東京支部総会・親睦会が開催されました。礼拝堂、親睦会となった大集会室がほぼ一杯になるほどの約110名が2017年6月10日(土曜日)に集まりました。お子様連れの同窓生や、幹事学年の平成9年卒のお若い皆様もたくさんご参加下さいました。当日の様子を写真を交えて、ご報告します。
少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

2017/07/02   報告(1)

総合司会 佐藤優子さんの開会の言葉によって、まずは礼拝からスタートです。

礼拝 13:00 <二階礼拝堂> 司会 大森 真由美 奏楽 清水 聖子
*前奏「イエスは我が喜び」 J.S バッハ
*讃美歌 122「みどりもふかき 若葉のさと」
*聖書 エフェソの信徒への手紙(新共同訳)5章1節〜2節
『あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣うものとなりなさい。キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げて下さったように、あなたがたも愛によって歩みなさい』
*お祈り
*讃美「あめにいます父よ」 ハレルヤの会
*奨励「桑島慶子先生を追悼して」山梨英和学院史料室長 深澤美恵子先生
*讃美歌 522(讃美歌21)「キリストにはかえられません」
*献金・感謝の祈り
*頌栄 539「あめつちこぞりて」
*祝祷 高井戸教会牧師 七條真明先生
*後奏「神に感謝す」F.クーブラン

深澤美恵子先生 プロフィール
山梨英和中学校・高等学校社会科教諭。教頭退職後、山梨英和大学国際交流エンター長として勤務。現在は山梨英和学院史料室長及び山梨英和中学校社会科講師。

今回は深澤先生が過日、天に召されました桑島慶子先生について、その思い出等をお話し下さいました。
深澤先生は退職後、現在山梨英和学院史料室長として、史料室設立に尽力しています。英和誌は80年誌がもととなっていますが、裏付けの資料がないことから、資料室を設立してその収集と管理に力を注いておられます。個人の宣教師の先生方がどんなだったのか、その先生方が残しているものを掘り起こしたい。と思っているとのことです。

グリーンバンク先生は愛の人です。グリーンバンク先生からその教えを、グリーンバンク先生から、榎本愛子先生へと、そして榎本先生から桑島慶子先生へ。深澤先生は桑島先生から沢山の時間を共にして、教え継がれてきています。好まれた聖書のマタイによる福音書18章に「また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。という箇所があります。

史料の発掘は大変な作業ではありますが、深澤先生もこの聖句を想い、ひとりではなく、二人、三人と集まると出来る。と想いっています。とのことでした。

2017/07/02   報告(2)

礼拝後は総会が行われ、一通りの議事がつつがなく進行しました。

支部長挨拶   
同窓会会長挨拶
議事
2016年度 活動報告
2016年度 会計報告
会計監査報告
質疑応答及び承認
規約改正について質疑応答及び承認 >>バザー委員1名から2名に改正しました。
新支部長・役員紹介及び承認
2017年度活動計画案
2017年度予算案
質疑応答及び承認
来賓のご紹介

TOPページ 前ページ 次ページ

  

Topics Board