トップページ > 東京支部だより

東京支部だより

東京支部は東京都および近隣の神奈川県・千葉・埼玉県などに在住する中・高の卒業生、約2,000人を会員とし、役員と学年委員(各学年1〜3名)を定めて活動しています。この東京支部だよりでは、東京支部からのお知らせなど、定期的に内容を更新していきますので、お楽しみに!

現在、若い方の登録や参加が少ないので、ぜひ若い方々に加わっていただきたいと考えております。お子様連れでも参加できるよう工夫していきたいと思いますので、お気軽にご参加ください。
※ 写真をクリックすると拡大表示できます。

TOPページ 前ページ 次ページ

2018/10/13   10月/11月 ハレルヤの会練習日のお知らせ

「お暑うございます。」の挨拶があっという間に、「お寒うございます。」となり、月日の経過の速さと季節を実感しています。健やかに一緒に歌いましょう♪10月と11月のハレルヤの会練習日のお知らせです。

日時:10月15日(月)13時
   11月12日(月)13時
  

場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2018/09/04   鶴田留美子さん ピアノリサイタル のお知らせ

直前のお知らせとなってしまいましたが、今年も英和卒業生の鶴田留美子さんのピアノリサイタルをお知らせいたします。

モーツアルト、ドビュッシー、ショパン等が演奏されます。是非、お誘いあわせの上、お運びくださいませ。

日時:9月8日(土)
場所:サントリーホール(ブルーローズ)
   18時開演(17時30分開場)
チケット:¥4,000(全席自由)
     ¥3,000(学生)

お問い合わせ先:ムジカ・コミュニタス 
        TEL&FAX 042-468-7578

2018/09/03   ハレルヤの会 練習日のお知らせ

朝晩の風は少し涼しくなりホッとしています。秋に向かっています。食欲の秋、芸術の秋。一緒に楽しく歌いましょう。練習日をお知らせします。

日時:9月18日(火)13時
   10月2日(火)13時

場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2018/08/15   練習日のお知らせ ハレルヤの会

猛暑お見舞い申し上げます。8月は練習なし。の予定でしたが、下記の通り、行うことになりました。9月の予定も併せてご連絡致します。暑さにお気を付けていらして下さい。


日時:8月20日(月)13時〜
   9月3日(月)13時〜
 
             
場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2018/07/06   2018年7月 ハレルヤの会練習日のお知らせ

異例の速さでの梅雨明けの関東地方です。お元気でしょうか。7月の練習日のお知らせです。尚、8月の練習はありません。

日時:7月17日(火)13時〜 
             
場所:世田谷区立池ノ上青少年会館
   世田谷区代沢2−37−18
   /03-3413-9504
(京王井の頭線池ノ上駅徒歩2分)

2018/07/02   2018年 山梨英和中学校・高等学校同窓会 東京支部 総会・親睦会報告

2018年6月9日土曜日に今年も約120名の出席者(同窓生・先生方)と共に、無事に東京支部総会・親睦会を開催致しました。12時から15時半までの3時間半でしたが、厳かな礼拝と、総会、和やかで賑やかな親睦会と有意義な時間はアッという間でした。その様子、下記の通りご報告いたします。

2018/07/02   東京支部 総会・親睦会報告(1)

<礼拝>  司会:浜田千秋 奏楽:清水聖子
*前奏 「天にまします我らの父よ」J.S.バッハ
*讃美歌 301「山べにむかいて」
*聖書 マタイによる福音書7章7節〜8節
    「求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれば開かれる。だれでも、求める者は受け、探すも者はみつけ、門をたたく者には開かれる」
マタイによる福音書7章12節
「だから、人にしてもらいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。」
*お祈り
*讃美「この世のなみかぜさわぎ」 ハレルヤの会
*奨励「英和教育が私に与えてくれたもの」 リボウィッツ・よし子
*讃美歌 312 「いつくしみ深き」
*献金・感謝の祈り
*頌栄 539番「あめつちこぞりて」
*祝祷 高井戸教会 七條真明牧師
*後奏 「天にますます我らの父よ」

2018/07/02   東京支部 総会・親睦会報告(2)

今回奨励をして下さったリボウィッツ・よし子さんのご紹介
山梨英和高校(S39年)・聖路加看護大学(S43年)卒業。S45年アメリカに留学し、約30年間様々なUSA看護分野に携わる。ワシントン州立大学講師、トーマスジェファソンFRC副看護部長、医療過誤コンサルタント、ホスピス・緩和ケア、訪問看護ステーション設立など、大分医科大学成人看護主任教授として大学設置にかかわる。平成14〜26年青森県立保健大学に就任。学長・理事長・教授として勤務。現在は、青森県立保健大学名誉教授、協和発酵キリン株式会社取締役として勤務。山梨県立大学顧問、聖路加国際大学評議委員等。

リボウィッツ・よし子さんの奨励の内容〜命を活かす〜   
 英和卒業後54年ぶりの故郷です。英和で一番何を学んだかと考えました。中学・高校の多感な時期に自分とは何か、生きる目的は何か、臨月の母が戦火を潜り抜け生かしてくれた命をどのように活かすか真剣に考える機会が与えられたことです。英和での日々はたくさんの夢を与えてくれました。進路に際しては、榎本愛子先生の導きにより、「人の命に接する仕事」をしたいと思い看護の道へと進みました。国籍や民族を超えいかなる場でも活かせる看護師を目指すには、知識のみでなく自分自身を磨くことだと思い、若いうちは2年ごとに常に何かにチャレンジするということを自分に課し、その度に新たな学びと道が開かれました。大学卒業後はアメリカに留学し、約20か国の看護師と学びました。アメリカでは、「自分の健康は自分で守る」という意識が高いです。日本の皆保険は恵まれたシステムですが、依存せず大切にしていただきたいと思います。2年の留学後はを大学院に進みました。そこではダイナミックな看護理論の基に看護を深めることができました。その後西海岸の公立大学で看護教育にあたり、18歳時のみでなく学びたい時に学べる大学のありかたから多くを学びました。   
S50年代の米国は医療費削減の為大きな医療改革が行われ病院中心の医療から在宅医療に移行しました。在宅看護ステーションを設立してみて気づいたことは、病院でのケアは病院中心であったことを実感し、患者中心の終末期医療も含め模索しました。その後H14年新設された青森県立保健大学で教育・経営に携わる機会が与えられ、今までの集大成として日本の文化を尊重しつつ、次世代を担う新たな学生像を描き、教育・経営にチャレンジ。多くの人に支えられ、良いと思われることは何でも導入しました。今は、大学退職後に企業からお声がかかり、働き方改革、女性活躍推進、ガバナンス改革が追い風となり取締役として加わらせていただいております。考えてもみなかった分野です。
         
人生100年の時代です。自らも気づかない力が皆様にはあります。与えられた命を活かしましょう。やったことがないことにチェレンジして下さい。神は秘められた力を与えて下さっています。

2018/07/02   東京支部 総会・親睦会報告(3)

<総会>
支部長挨拶
同窓会会長挨拶
議事 2017年度 活動報告
   2017年度 会計報告
   会計監査報告
   質疑応答及び承認
   役員・新役員紹介及び承認
   2018年度 活動計画案
   2018年度 予算案
   質疑応答及び承認
来賓のご紹介

楓の枝を携えての弘島支部長の挨拶内容:
古希のお祝いの英和のクラス会の朝にふと、マンションのベランダを見たら、今まで気づかなかった楓の枝の葉に気が付きました。英和の入学時に石和の実家の庭に楓を植えました。石和の実家を片付けた際にお花の鉢植えは持ってきていました。葉をつけることはなかったので、気にとめることはなかったのですが、偶然にもクラス会の朝に目に入りました。種が知らないうちにまかれて育っていたのだな。と実感しました。同窓会が種を温め、分かち合う存在であればと思います。

2018/07/02   東京支部 総会・親睦会報告(4)

<親睦会>
来賓のご挨拶
食前のお祈り
昼食・歓談
ピアノ演奏
合唱「忘れな草」「お江戸日本橋」
校歌
讃美歌405「かみともにいまして」
閉会のお祈り
幹事学年紹介 今年度(S43、S58、H10年卒)
       来年度(S44、S59、H11年卒) 

TOPページ 前ページ 次ページ

  

Topics Board